ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜テーブルコーディネート〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 超簡単!テーブルコーディネート入門B『センターピース編』

 『料理をおいしい!と感じる要因の8割は見た目である』と言われることがあります。確かに、手抜き料理でも美しく盛り付けたら豪華な一品に見えますよね! ということで、今回はどなたでも簡単に出来る食卓演出レッスン☆
 『超簡単!テーブルコーディネート入門B』"センターピース"編です!
■センターピースとは?
食卓の中央に置く装飾品のことを『センターピース』と言います。
センターピースは他の装飾品と比べて高みと存在感があることが特徴です。
一般的には"花"がセンターピースとして飾られることが多いです。また、花以外にもロウソク、スープ鉢、置物など様々なものが用いられます。

■センターピースの役割
 センターピースを置くだけで食卓がとても華やかになり、『おもてなし』度がぐっとアップします。また食卓の中心に置くため、テーブル全体のバランスを調整してくれます。

■センターピースが生まれた背景
 ルイ14世の時代、招待した各国の君主や貴族へのアピールを狙い、ベルサイユ宮殿では果物やパンなどを高く盛りつけて、食卓を豪華絢爛に演出していました。
その時の華やかに盛られて果物やパンが、今のセンターピースの原型であると言われています。

■ご自宅でも簡単にセンターピースを取り入れよう☆
 センターピースは『結婚式場に置いてあるような、華やかなお花』・・・
というイメージが強いかもしれませんが、あれだけ豪華にお花を用意しようと思うと大変ですよね。
 しかし下の写真の様に、切り花をガラスのコップや普段使っている食器に入れて飾るだけでも、立派なセンターピースになります!


 また、今の時期は観賞用のかぼちゃを飾っても季節感があっていいですね。

 中央に飾るだけで、食卓がパっと華やかになる『センターピース』。
ぜひ、気軽に食卓に取り入れてみて下さい♪


トップへ戻る その他へ戻る テーブルコーディネートへ戻る

一番下