ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 飾りだけじゃなく栄養価も高い「パセリ」(2017.3)

1年中出回っていますが、実は3〜4月が旬のパセリ。
飾りや薬味によく利用されますが、実は栄養価が高い野菜
です。
 原産国はヨーロッパ。紀元前から食用にされていたハーブで、日本に入ったのは18世紀頃と言われています。オランダから長崎に伝わったので、『オランダゼリ』という和名があります。従来あるちぢれ葉種(カーリーパセリ)に加え、最近ではより香りの強い平葉種のイタリアンパセリも一般的になってきています。
「カロテン」・「ビタミン類」・「鉄」・「カルシウム」・「マグネシウム」などが豊富に含まれ、食物繊維も多く含まれています。独特の香りは「アピオール」という精油成分で、食欲増進、疲労回復、口臭予防などに効果があります。濃い緑色に含まれる「クロロフィル」には、貧血予防や血中コレステロール値を下げる効果があります。
 保存法としてはビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存するとよいでしょう。コップにさしたまま冷蔵庫保存でもよいでしょう。使いきれなかった時はみじん切りにして保存容器などに入れて冷凍しておくと重宝します。
薬味やつまもの以外にも利用法はたくさんある野菜なので、ぜひパセリをメニューに取り入れてはいかがでしょうか。
パセリ衣のササミフライ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe3547.htm
パセリライス
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe1967.htm
えびの香草焼き
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe2342.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下