ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 ぬめり成分にさまざまな効果がある『里いも』 (2016.10)

10〜12月が旬の里いも。
独特のぬめりが特徴ですが実はさまざまな効果があります。
今回はそんな里いもをご紹介。
 里芋は水分が多く、主成分は「デンプン質」で、加熱すると糊化し、消化吸収しやすくなるのが特徴です。いも類の中では低カロリーであり、「カリウム」や「食物繊維」なども含まれているので、体脂肪や生活習慣病が気になる方にはおすすめの食材です。
 また、独特のぬめりは、タンパク質と炭水化物が結合して生まれる「ムチン」や「ガラクタン」という成分によるものです。どちらも水溶性食物繊維の一種で、ムチンには胃粘膜を保護し、胃腸の機能を高める作用があり、ガラクタンは、血中コレステロールの上昇を抑えたり、ガンのリスクを減らすとともに、脳細胞を活性化する働きがあると言われています。
 里いもと同様に食物繊維が豊富なごぼうとこんにゃくと一緒に調理すると味も合い、高血圧やガンの予防効果も高められるのでおすすめです。また、タンパク質を効率よく吸収する働きもあるので、肉や魚と一緒に食べ合わせるといいでしょう。
 里いもを使ったメニューを取り入れてみるのはいかがでしょうか?
里いものクリーミーコロッケ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4545.htm
里芋としめじのスパイシ−味噌バタースープ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4857.htm
里芋と牛肉の蒸し物
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe3893.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下