ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 緑黄色野菜の女王『トマト』 (2016.07)

夏が旬のトマト。
スーパーなどでも真っ赤なトマトを見かけますね。
今回はそんなトマトをご紹介☆
 「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、トマトは栄養価が高い緑黄色野菜です。特に、太陽の光で真っ赤に熟した露地栽培のトマトには、「ビタミンC」が多く、「β−カロテン」・「ビタミンB群」・「ビタミンE」など他の「抗酸化ビタミン」も含まれます。赤い色素成分の「リコピン」はカロテノイドの一種で、ビタミンAの効力はありませんが、βーカロテン以上の抗酸化力があるとされ、近年はガンや動脈硬化に高い予防効果を持つことが報告されています。他にも、血糖値の上昇を抑える働きがある「クエン酸」・脳を活性化させる「グルタミン酸」・血液をサラサラにする香り成分の「ピラジン」など、多くの薬効があります。
 調理する際は、皮をむかずに使うと不溶性食物繊維も摂れるのでいいでしょう。また、リコピンの抗酸化力を高めるにはビタミンEを含むごまやピーナッツ、アーモンドと組み合わせた料理がおすすめです。ごま油やこめ油を使ったドレッシングを使ったサラダにしたり、炒め物にしても、脂溶性のリコピンやβ−カロテンを効率よく摂取できます。

 多くの薬効を持つトマトを使ったメニューをつくってみませんか?トマトを食べて暑い夏を乗り切ろう!
チキンとブロッコリーのトマト炒め
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4035.htm
丸ごとトマトの冷たいスープ煮
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe5223.htm
トマトゼリー
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe5510.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下