ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 旨みと食物繊維が豊富な『たけのこ』 (2016.04)

生たけのこが出回るのはこの時期だけ☆
ぜひとも旬のたけのこを味わいましょう!
 『古事記』にも記述があり、古くから食べられていた野菜で、現在流通しているものの大部分の原産国は中国と言われています。生たけのこは、「朝採ったら、その日のうちに食べろ」といわれるくらい鮮度が命です。堀りたてのものは生でも食べられますが、そうでないものは、ゆでてアク抜きしてから調理が必要です。
 栄養価は高くありませんが、食物繊維が豊富で、腸の中からきれいにして便秘の症状を改善してくれます。しかもコレステロールの吸収を防ぐ為、動脈硬化の予防にも役立ちます。カリウムも多く含まれ、塩分の排出を促し、高血圧予防に役立ちます。
 また、アミノ酸の一種であるグルタミン酸、チロシン、アスパラギン酸なども含まれ、これらは旨み成分となります。たけのこを切った際に見られる白い粉は、チロシンと呼ばれる成分で、摂取すると脳内物質のドーパミンが増加し、気力がアップする効果があるとされています。ぜひとも白い粉は洗い流さずに、そのまま食べるようにしましょう。

 たけのこのやわらかい先端部分(姫皮)は、酢の物や和え物に、穂先は炊き込みご飯などに向いており、歯ごたえのある中間部分は、煮物や炒め物などに幅広く使えます。ロイヤルクイーンを使えば、たけのこをゆでるのも簡単なので、ぜひとも生たけのこを活用してみて下さい。
たけのこの梅煮
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe146.htm
筍とチーズのフライ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe674.htm
若竹の高菜炒め
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe3788.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下