ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 油で炒めるのがおすすめ「チンゲン菜」 (2015.11)

中華料理によく使われるチンゲン菜は、様々な栄養素が豊富。
調理法も工夫すれば、さらに効率よく栄養素を吸収できますよ。
代表的な中国野菜のひとつで、肉厚の茎とスプーン型の葉が特徴です。 「βーカロテン」・「ビタミンC・E」などのビタミン類が豊富に含まれ、強い抗酸化作用があり、ガンや生活習慣病の予防効果があります。さらにメラニン色素の沈着を抑えて美白効果を高めたり、肌のキメを整えたりといった美容効果も期待できます。 ミネラルでは、高血圧予防に役立つ「カリウム」や、「カルシウム」・「鉄」なども豊富に含まれています。さらにアブラナ科野菜特有の成分である「イソチオシアネート」も含まれ、消化を助けたり、血栓を防いでガンを予防する効果があるとされています。 これらの栄養素を効率よく摂取するのには、調理法を工夫するのがおすすめ。βーカロテンの吸収を高めるには、油で炒めるとよいでしょう。良質なタンパク質を含む豚肉や鶏肉と一緒に炒めれば、より栄養効果もアップします。カルシウムは、ビタミンDと一緒に摂ると吸収が高まるので、きくらげや干ししいたけ、しらす干しと一緒に組み合わせるとよいでしょう。また、美肌づくりには、コラーゲンが豊富に含まれる牡蠣と組み合わせるのがおすすめです。 チンゲン菜を色々な食材と組み合わせたり、調理法を工夫してみるのはいかがですか?
家常(ジャーヂャン)豆腐
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe5473.htm
鶏のマスタード焼き
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4347.htm
ピリ辛火鍋
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe5118.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下