ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 白いもこもこ「カリフラワー」 (2015.11)

見た目はブロッコリーの白い版。
ブロッコリーに比べ、食卓に登場する機会は少ないかもしれませんが、ブロッコリー同様ちゃんと嬉しい栄養素が含まれているんです。

 カリフラワーに含まれる栄養はズバリ「ビタミンC」。実は淡色野菜にもかかわらずブロッコリー同様、ビタミンCが豊富なお野菜なのです。ビタミンCは熱に弱いと言われていますが、カリフラワーはいも類のように組織がしっかりしているので、加熱してもビタミンCが失われにくいと言われています。その為、温野菜サラダや揚げ物などの調理がオススメです。
 また、不溶性の「食物繊維」も多く含まれ、便のカサを増して便通を良くし、老廃物を排出する働きがあります。
ウイルスに対する抵抗力を高めたり、コラーゲンの生成に関与してお肌をキレイにしたりする働きがあるビタミンC。そして便秘解消・予防に働く食物繊維、など。体の中からキレイづくりを助けてくれる女性にとっても嬉しい食材です。

 ちなみに、野生のキャベツの花蕾が巨大化してできたものが『ブロッコリー』であり、ブロッコリーが突然変異したものを品質改良して作られたものが『カリフラワー』なのだそうです。加熱しても栄養素が失われにくいカリフラワーはブロッコリーに比べて煮込み料理に向いています。これからの寒い時期、煮込み料理にカリフラワーを入れてみてはいかがでしょうか?

豚肩ロースの温野菜サラダ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4710.htm
フランクフルトのポトフ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe169.htm
カリフラワーのポタージュスープ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe692.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下