ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 英語で「ウォータークレス」と呼ばれる野菜とは!?(2015.05)

肉料理の付け合わせによく使われる「クレソン」。
でも実は付け合わせだけではもったいない野菜なんです。
今回はそんな「クレソン」を紹介します。
 独特の辛みとほろ苦さが特長のクレソンは、山地の清流がある場所に多く自生することから、英語では「ウォータークレス」と呼ばれています。
色どりがよく、肉料理の付け合わせによく利用されますが、クレソンに含まれる辛み成分「シニグリン」に独特のほろ苦さと辛みが薬味となり、口の中をサッパリとさせ、さらに消化を促し、食後の胃もたれを防ぐ働きもあります。
「ビタミン」や「ミネラル」を多く含み、特に「ビタミンC]は、抗ストレス作用やコラーゲンの生成の他、クレソンに含まれる「鉄」の吸収を促進する働きもあります。クレソンは摂取されにくい鉄を効率的に摂取することができます。


 肉料理やサラダには、葉の部分が使われることが多いですが、茎の部分にも同様に栄養素が含まれています。茎の部分は加熱するとほっくりとした甘みも出てくるので、葉の部分を生食に使用したら、茎の部分は捨てずにスープやソテーなどの加熱料理に利用するとよいでしょう。

クレソンのステーキサラダ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe2225.htm
タコの香味サラダ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe5086.htm
大豆菜飯
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe2237.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下