ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 旬のたけのこを味わおう!(2014.04)

3月末頃から5月初旬にかけての、ごく限られた時期にしか出回らない生たけのこ。
旬を感じる代表的な春野菜のたけのこをご紹介します☆

たけのこは、主に孟宗竹の地下茎から伸びた幼い茎の部分を食用とするもので、「朝掘り」と呼ばれる新鮮なものは生食もできます。
栄養素としては、ビタミン類は少なめですが、カリウムやマンガンなどのミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。
また、アスパラガスと同様に旨み成分のアスパラギン酸も多く含んでおり、体の代謝を高め、疲労回復やスタミナ増強に効果を持つと言われています。
独特のえぐみはシュウ酸、ホモゲンチジン酸と呼ばれる成分で、掘った後に増加していき、カルシウムの吸収を悪くさせ、結石の原因となることもあります。そのため、アク抜きをする必要があります。

たけのこは、部位によってやわらかさに差がある為、調理法に使い分けるのもいいでしょう。
穂先や姫皮は和え物や若竹煮、吸い物に、中間は最も調理法が多く、炊き込みご飯や天ぷらにできます。根元のかたい部分は細切りにして、煮物や中華風の炒め物にむいています。
旬のたけのこを味わって、春を感じてみてはいかがでしょうか?

筍寿司
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe3900.htm
ホタテと筍のピリ辛炒め
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4462.htm
筍のアーモンド揚げ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe424.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下