ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜おすすめmenu〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 バルサミコ酢を使ってみよう!(2014.02)

先日、読売新聞にバルサミコ酢を使ったレシピが掲載されていました。
今回は、そんなバルサミコ酢について紹介します☆

上品な香りと柔らかな酸味とコクと独特のまろやかな甘みが特長のバルサミコ酢はイタリア特産のブドウが原料の果実酢の1種になります。
ブドウ果汁を煮詰め、木の樽で長期間熟成させてつくられて、熟成年数によって複雑な味わいのある酢に変化します。
最近では、コンデーメントバルサミコ酢(煮込み+バルサミコ酢)の便利なものもありますが、伝統的な本物のバルサミコ酢は最低でも12年以上の熟成や原料のブドウの種類が法律で義務づけられています。

昔、バルサミコ酢は薬用としても使用されており、17世紀のヨーロッパでは、うがい薬、強壮剤、養毛剤などとしても使用され、ペストが流行った時代には、予防や治療の効果があるとして使用されていたようです。
そんなバルサミコ酢には、抗酸化作用に優れた「ポリフェノール」が豊富に含まれています。その為、老化防止効果などが期待できます。
また、赤血球の膜が固くなるのを防ぎ、血行促進効果・疲労回復効果・消炎効果なども期待できます。

薬用としても使用されていたバルサミコ酢を使ったメニューを夕食に加えてみるのはいかがでしょうか?

バルサミコ酢豚
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe2821.htm
ササミのソテー・
  きのこのバルサミコソース添え
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4391.htm
豚肉のアボカド巻きフライ
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe3592.htm

トップへ戻る その他へ戻る おすすめmenuへ戻る

一番下