ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜今が旬の流行もの〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 新茶の季節☆お茶を美味しく頂くには??

新茶が出回る季節となりました。
では新茶とは?美味しくお茶を頂くには??
今回はお茶の魅力に迫ります!

 新茶といえば『八十八夜』なんて言葉も聞きますね。八十八夜とは立春(2月3日)から数えて88日目という意味で、2015年で言えば5月2日になります。この日に収穫される茶葉は、冬の間に養分を蓄えたみずみずしい葉であり、八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きができると昔から言い伝えられています。

 お茶は基本的に年間4回摘み取られています。4月下旬〜5月中頃まで摘み取られるお茶を一番茶と呼び、1年の初めに摘み取られる、初物という意味で『新茶』と呼ばれています。二番茶は6月中頃〜7月上旬、三番茶は7月下旬〜8月上旬、四番茶は9月下旬〜10月上旬に摘み取られます。

 「新茶」はその年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶なので、香りが良いだけではなく、テアニンという成分が豊富に含まれています。これは旨味成分なのでお茶をより美味しく飲めるだけではなく、リラックス効果や集中力アップの効果も期待できる成分です。

☆これからの時期は冷茶がオススメ☆
実は緑茶は低温でじっくり出したり、急速に冷却する方が美味しく頂けます。と言うのも旨味成分のテアニンやビタミンCが壊れずに残り、まろやかで深みのある旨味たっぷりのお茶になるからです。また色の変化も少なく鮮やかな色になります。

☆冷茶の入れ方☆
@冷水ポットで・・・
 お茶パックに入れた茶葉(茶葉の量は水1リットルに対して10〜15g程度)と浄水器の水(もしくは一度沸騰させて冷ました水)を入れて冷蔵庫で3時間以上じっくり抽出させる。
A急須で・・・
 急須にたっぷりめの茶葉と水・氷を入れ冷蔵庫で一晩置く。氷で急冷することでさらに旨味が増した濃厚なお茶になります。


 冷茶作りには時間がかかりますが、暑い季節に旨味たっぷりの冷た〜いお茶はぴったりです。ぜひお試しください。もちろん緑茶はお料理にも利用できますよ☆

『緑茶の中華風炊き込みご飯』
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4891.htm
『緑の白和え』
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4980.htm
『緑茶のチーズケーキ』
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe4976.htm
トップへ戻る その他へ戻る 今が旬の流行ものへ戻る

一番下