ロイヤルクイーンの食育ページ・その他〜今が旬の流行もの〜についてです。


ロイヤルクイーン料理教室
TEL:0120-14-8814 メールでのお問い合わせ

 流行りのパンケーキをご自宅で♪

今、大ブームのパンケーキ☆
日本では、今、なぜこんなにパンケーキが
人気なのでしょうか?
そもそもパンケーキってどんなもの?

パンケーキとホットケーキの違い
日本では、パンケーキよりも『ホットケーキ』の方が耳馴染みがありますが、実は『ホットケーキ』は和声英語で、日本で生まれた言葉。日本では「パンケーキよりも、ホットケーキの方が少し分厚いもの」といわれることがありますが、海外では、小麦粉に卵、牛乳、砂糖などを混ぜて焼かれた料理のことを一環して『パンケーキ』と呼びます。またお菓子に限らず、小麦粉と液体を混ぜ合わせて焼くだけで出来上がる手軽な料理の総称が『パンケーキ』になりますので、日本のお好み焼きも、海外からは『ジャパニーズ・パンケーキ』と呼ばれることがあります。

パンケーキの歴史
パンケーキの原型となる料理の起源は、古代エジプトにまで遡ると言われています。パンケーキが正式に登場したのは5世紀頃で、キリスト教信仰の地域で行事の前にパンケーキを食べる習慣が定着しました。
日本にパンケーキが初めて登場したのは東京で、当時は『ハットケーキ』と呼ばれていました。その後、昭和5〜6年頃に『ホットケーキミックス』が発売されたことをきっかけに、家庭でも広くホットケーキ(パンケーキ)が作られるようになりました。

今、なぜパンケーキが人気に?
日本でのパンケーキ流行の火付け役となったのは、オーストラリアのシドニーで誕生したオーガニックレストラン「bills」です。「bills」のパンケーキは『世界一の朝食』と評されたことがあるため、日本でオープンした時には、朝から何時間も行列ができる程のブームとなりました。
さらにその後「Eggs'n Things(エッグスン・シングス)」というハワイで大人気のカジュアルレストランが日本に上陸しました。『リリコイパンケーキ』はこの店の大人気の朝食セットで、リリコイというパッションフルーツのピューレに、バターやクリームチーズを加えてコクを出したソースがたっぷりとかかったパンケーキです。

『世界の有名店の上陸』と『朝食代わりとして食べられ、ボリューム満点』
この2点が日本で空前のパンケーキブームとなった理由と考えられます。

 

『流行りのパンケーキを食べたいけれど、お店に何時間も並ぶのは面倒くさい・・・。』とお考えの方は、お家で有名店の味を想像しながら、自分好みのパンケーキを作ってみてはいかがでしょうか?

『フルーツパンケーキ』
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe187.htm
『ベジタブルパンケーキ』
http://www.royalqueen.jp/recipe/recipe1002.htm
トップへ戻る その他へ戻る 今が旬の流行ものへ戻る

一番下